ダイエット スクール

ダイエットスクール > ダイエット相談室

大人ダイエット相談室

このままダイエットを続けても良いのでしょうか?

初めまして。
17歳の高校3年生です。

私は2週間ほど前からダイエット(タンパク質中心で毎日1100kcalの食事制限・スクワットなどの筋トレ・毎日2時間の踏み台昇降)始めました。

しかし、ここ最近になって体の皮下脂肪が柔らかくなり、少し脂肪で太って見えるようになりました。
特に膝の肉がものすごく脂肪でいっぱいです。
体重は落ちてきていたのでものすごくショックです。

これは筋肉が落ちている証拠なのでしょうか?
太ってきてしまったのでしょうか....?

よろしければ回答お願いします



こんにちは校長です。

おそらくダイエットを2週間はじめ、ある程度成果が出てきたのだと思います。

すると、これまで気にならなかった体のあちこちの部位に、今まで気づかなかった脂肪、ふくらみ、むくみなどが見えてくるのです。

例えば全身にまんべんなく脂肪があるときには気づかなかったことでも、特定のトレーニングで一部の脂肪が先に減り始めると、減少が遅い部位の脂肪が目立つのですね。


特にあなたがおっしゃるように膝、背中、顎などは脂肪が落ちにくい部位なので、これは懸命に続けるしかないです。
校長がブログで何度か申し上げていますが、部分痩せは無理なので、膝の肉だけ減らしたい、、、とかは難しい・・・なので、とにかく体脂肪率を減らす運動をつづけながら、まんべんなく減量していくしかないですね。

ただ、まだ初めて2週間ですよね。
それだと、おそらく落ちたのは半分が水分だと思います。

本当に脂肪が落ち始めるのは2週間以降~1か月程度からですから、これからが本当の意味での勝負です。
毎日体脂肪率を計測しながら、体重よりもこちらの数値を重視しましょう。



踏み台昇降運動も、やり方が重要ですよ。
やり終わった後、ほどよく汗は書いていますか?
心拍数がある程度ドキドキしていますか?

それらが伴わないと、たんなるストレス発散運動となり、脂肪燃焼効果は極めて少ないということになってしまいます。


筋トレは必ず補てん行動として取り入れてください。
食事を減らして運動し始めると、まず最初に筋肉を分解してエネルギーにしようと脳は考えますから、これらが減らないように現状維持を考慮し「腕立て、腹筋、スクワット」は最低毎日10回はトライしてくださいね。
慣れてきたら20回に増やしましょう。


ご自宅の体組成計で体骨格筋比率というのが計測できれば、それが35%前後ならベストだと思います。


>体重は落ちてきていたのでものすごくショックです。

大切なのは体重を落とすというよりも体脂肪率をいかに落としつつ、体重を落とすかです。
例えば筋肉が減ってしまっている状態で体重が落ちたと喜ぶのは危険です。
なぜかといえば燃費の良い体になってしまい、今までよりも太りやすい体質に変化していることになるからです。


痩せ始める戦略としては、まず体重は横においておき、目標体脂肪率を決める、有酸素運動と筋トレをきちんとメニュー化して半年程度は継続する。
食事はタンパク質、必須脂肪酸、アミノ酸、ビタミン、ミネラルなどの高濃度栄養素の食事に切り替え、カロリーよりも質を重視してください。

高負荷な運動に対して栄養が不足すると、脳がイライラして、いつのまにかドカ食いしてしまったり、睡眠が浅くなって食欲が増進してしまいます。


体脂肪、体重がそれぞれ落ち始めたら、食事を徐々に減らします。
なぜかというと、体重が減れば当然必要なエネルギー量が減るからです。


有酸素運動は踏み台昇降運動だけでなく、縄跳び、ランニング、自転車なども取り入れていてはどうでしょうか。
活動量が全然違いますので、今よりスピード感のある減量が可能ですよ。
Copyright(C)Diet-school. All Rights Reserved. 英語に翻訳 中国語に翻訳