ダイエット スクール

大人ダイエット相談室



今年中に標準体重へ

私は154cm、65kg、23歳です。

年末までの間に、標準体重50kgになりたいです。

きっかけは、去年の8月、中学時代の友人たちに会った時に同じ写真に写った自分の写真に愕然したことでした。

当時78kg、人生MAX体重。
そこから、昨年末にかけて10kg落としてから68kgで停滞。ゆるゆると続けていたのですが、減りが緩やかになり、現在65kgです。

このたび、一念発起してまた力を入れようと思ったのが、恋人の存在です。昨年末まで交際していた彼はどちらかというと大柄、食べることが何より大好きというタイプで、少食だった私はその彼のススメで食べるペースや量が変わったところ2年で20kgほど増加してしまいました。

そんな元恋人と別れ、新しく付き合い始めた彼はとても華奢で、腕や太ももの太さなんて私の半分くらいしかありません。
そんな彼が夏に向けて、体型を絞ると向上心を持っているのを知り、彼に見合う女性になりたい、そういう想いでまた力を入れようと思いました。

目標体重はBMI値を参照に固定したのですが、数字よりは見た目の引き締めに望みたい所存です。

ダイエットをはじめてすぐは、週に2度、1時間ほどのプール通いをし、間食の習慣を無くすことで結構スルスルと体重が落ちました。1月から生活環境が変わり、なかなかプールに行けなくなってから運動を全くできていません。

普段の運動量は、通勤時間に歩く程度で1日30分がいいところ、そして、仕事はデスクワークで体力も使いません。

食生活は、
朝:無 or 昨日の夜の残りのおかず
昼:お弁当(野菜炒めと卵焼き)
夜:自炊

炊飯器はあるのですが、あまりお米が好きではないので炭水化物は取れておらず、たまに食パンを買った時に朝食べることがあるかな、程度です。

間食はオフィスでお土産にいただいたときにたまに甘いものをいただく程度で自分では購入はしていません。


ロングスリーパーで睡眠時間が取れないと、すぐに仕事のパフォーマンスに影響してしまうので22時には寝て7時に起きる生活、定時が9ー18時ということで、必要なことをしたらすぐなら毎日なので運動量が足りていないのかな、と思います。

元恋人と別れて、食生活の乱れが改善されてからは増えもしないけれど減りもしないという感じです。



こんな私でも、痩せられるのでしょうか?

キツくても絶対に頑張らたいと思っています。
アドバイスよろしくお願いします。



校長も思う事があるのですが、自分の体型は周囲の環境に大きく影響されますね。
まぁ言い訳なんだとは理解しているのですけど、例えば周囲に手軽にアクセスできるファーストフード店や蕎麦屋、回転すし屋などがあると、ついつい食べてしまいます、それが今です。

でも過去最も痩せていた時期は、周囲にほとんど店がなく、加えてスーパーも無いような場所だったので、つまみ食い的な事ができず、食事量がかなり抑えられていました。

おそらくあなたも以前の恋人がたくさん食べるという人という環境的な要因によって、誘惑に負けてしまった点、そして大柄な彼を見て今の自分はまだ大丈夫という相対評価によって油断していたのかもしれませんね。


154センチで65キロだと、たしかに標準よりややぽっちゃりタイプかもしれません。
ですが、今の新しい彼はあなたのそのすがた、その正確を好いてくれているわけでしょ?
私が痩せた方がよいのかどうかを、ちゃんと彼にも訪ねて見た方がよいかもしれません。

痩せている彼氏に合わせるためにダイエットするという考えは、あまりダイエットを始める動機としては強くはないからです。
彼が痩せて欲しいとおもうのであれば、俄然やる気はでるでしょうが・・・・。



さて、具体的に目標体重の50キロまでの道のりと戦略を考えて見ましょうか。

体脂肪率が書かれていないので、おそらくは基礎代謝が減退し、以前は食べまくっていたということなので、増量分がほとんどが脂肪になっているという事を想定します。

おそらく体脂肪率が30%以上あるかと思いますので、これを段階的なフェーズに沿って落として行きましょう。

あなたが目標とする、ただ単に体重が減った体というよりも、スレンダーで美しい体系を目指すのであれば、筋力は必要ですし、筋肉は脂肪よりも重いので、思いのほか体重は減らないかもしれません。

生活環境面において、運動する時間がなかなか取れない事。
仕事がデスクワークである事。
ロングスリーパーである事。

これらを考えると、長時間の有酸素運動や毎日のこまめなトレーニングを行うのは、かなり困難ですなぁ。
う〜む。

体脂肪率を落とすには食事量を調整しつつ、今体についている脂肪を落とすために必ず有酸素運動をするのが最も効率的なので、日頃の生活の中でできるエクササイズを考えましょう。


まず通勤する前。
起床後に腕立てと腹筋を各10回取り組みましょう。
え?!そんな少なくていいの?と思うかもしれませんが、継続は力なりで、どれほど小刻みな運動でも、毎日継続すると効果が現れます。
そして何より、習慣化させることで、次の運動ステップへの抵抗感をなくすのが狙いです。

勤務中のデスクワークでも椅子の座り方に気をつけて見ください。
だらりと腰掛けるのではなく、椅子の背もたれには背をつけない、椅子の前半分に座り、腹筋と背筋を鍛えます。

筋肉が張っていると仕事に集中できないのであれば、午前と午後30分だけとか決めればよいと思います。

帰宅後はお風呂に入る前に、腕立て、腹筋、スクワットを各10回。
可能なら縄跳び15分。
これを毎日繰り返すだけで相当効果が出ると思います。



食事についてですが、かなり制限されているようですから、これ以上減らす必要はないかもしれません。
ただ、自分では意識していないだけで、会社の同僚や旧友と外食するケースが多い、、、なんてことがあると、制限した意味がなくなりますので注意してくださいね。

脂っこいものを食べる時には必ず食物繊維から食べるようにし、筋力をつけるためにタンパク質を多めにとりましょう。

睡眠中は脂肪を燃焼しますから、この身体機能を有効活用するためにも、寝る前にLカルニチンのサプリ、αリポ酸は効果的だと思います。
これは脂肪燃焼を促進してくれます。


運動が苦手、もしくは行う時間がないのなら、日常生活を運動生活に変えてしまえばよいのです。

15キロの減量だと、カロリー計算で 7500×15=112500キロカロリーです。
これを1年間で達成しようとしたら、1日308キロカロリーとなります。
おにぎり1.5個分、ごはん茶碗1杯と半分、ラーメンどんぶり半分程度です。

そんなに難しいことではないでしょう。

これを半年と決めれば、倍の619キロカロリーを1日で減らす計算となりますが、これには少々無理があります。
確実に有酸素運動を毎日しなければなりませんし、相当な食事制限が必要です。

ですが、今のあなたには筋力をつける必要がありますので、不用意に食事を減らすのは得策ではないと思います。

期間を十分に広げ、ゆっくりと筋力強化と体脂肪減少を目指す方針を採用して見てください。


第一の目標は体脂肪率25%。
第二は体脂肪率20%
そして最終的には15%程度まで絞れれば、相当綺麗な体になれると思いますよ。