ダイエット関連キーワード

会計時の「おあいそ」は間違い?!



中年のおじさんに多くみられるんだけれど、飲食店で会計時に「おあいそ」という人がいる。

いつからこんな言葉を使うようになったのだろう。
私の記憶が正しければ、おあいそは漢字で「お愛想」


本来「おあいそ」はお客が使う言葉ではなく、店の人が客に対して使った言葉らしいですね。
それは勘定の際に「愛想がなくて申し訳ありません」や「愛想づかしなことではありますが」などと断りを言いながら、客に勘定書を示したところから由来しているらしい。

それが時を経て「あいそ」となり、丁寧語の「お」がくっついて「おあいそ」となり・・・、いつからか「おあいそ」=「お勘定」の意味となった。


昔は、飲み代金や飲食代をツケにする人が多かったよう。
しかし何らかの事情で店と縁を切る場合「もうこの店には来ないからよ。愛想を尽かしたよ」という意味でツケを全額返済する意味としても使っていたという説もあります。


まぁ今は「おあいそ」と言えばお勘定の意味として通じるからよいとは思いますが、高級な和食店等では使わない方がよいでしょうね。




Copyright(C)Diet-school. All Rights Reserved.