ダイエット関連キーワード

ミスドのバレンタイン商品



2月といえば・・・

節分の恵方巻とバレンタインのチョコ。
この2つが両翼だろう。

特に年齢問わず社会現象になっているのは後者、バレンタインの方。
2月の中旬に近づくと、どこを歩いてもチョコの文字を見ない日はない。

ちなみにバレンタインデーを作ったのは日本人だそうだ。


1年の内、多くのカカオの消費がこの日に調整されるはずなので、生産国としてはうはうはだろう。

ちなみにカカオには3種類ある、「フォラステロ種」「クリオロ種」「トリニタリオ種」。
みな熱帯地方の農作物。

日本では未生産、多くは経済的に貧しい国が生産主となっているようだ。


日ごろ自発的に購入することはないけれど、もらえば食べるし、おそらく苦手という人は少ないだろう。
カカオの比率が高い商品はコーヒーに入れたり、非常食に代用されたり、結構重宝されている。


ドーナツの専門店、ミスドはバレンタインでなくてもチョコレートを使った商品を多数用意しているけれど、やはりこのイベントは大いに利用するようで、期間限定の商品が今年も発売された。

そもそも期間限定品を作る利点は、どの程度の需要があるのか?と言うリサーチ目的か、顧客への還元を目的とするロスリーダーかに分けられると思うけれど、私から見たら短期間に製造工程ラインを増やし、マニュアルを整備するので、とても効率が悪いと思うけれど、おそらくミスドとしても「出さないわけにはいかない」のだろう。


個人的にはまったく興味がないけれど・・・