ダイエット関連キーワード

低残渣食って何だろう



今回、校長が経験したのは口内治療のためブラッシングができなくなり、そのため歯間にカスが残らないための低残渣食を選択するというものでした。

通常は腸に関する疾患、例えば、腸閉塞(イレウス)、吸収不良症候群、クローン病等を患ったときに選択する食事らしいです。


消化管への負担を軽減させるために、消化しにくい食物繊維が少ない食材を選択します。
また、高脂肪、発酵食品も腸への負担がかかるので避けた方がよいとのことで、食事の幅ががくんと減ります。


低残渣食の例

「主食・炭水化物」

お粥、そうめん

「主菜・タンパク質」

オムレツ、高野豆腐、焼き豆腐、厚揚げ、塩鮭、肉じゃが

「副菜・タンパク質or炭水化物」

大根田楽、小松菜の卵とじ、エビの卵とじ、ほうれん草と卵、、酢の物、煮キャベツ、チンゲン菜のお浸し

「甘味」

みかん、もも、キウイ、洋ナシ、パイン
※フルーツは一部の脂質を多く含まないものなら全般的にOKらしいです。


でもこれはあくまでも腸の疾患時に選択するもの。

今回のように口内に食べカスが残らないものとなるとさらに選択肢が狭くなります
校長がいろいろ食べた中でこれは残りにくいという物を挙げてみます

・無糖無脂肪ヨーグルト全般
 うがいをすれば食べカスは残りにくい

・栄養ドリンク全般
 あたりまえだけれど、飲み物は比較的食べカスが残りにくい
 だけど、繊維質が多いスムージーなどはNGかも

・サバやサーモンなどの切り身
 寿司はお米があるので残渣が残りやすいけど、刺身は比較的問題なかった

・林檎、蜜柑、イチゴ
 一部のフルーツは食物繊維が多く、食べカスが残りやすい
 イチゴは虫歯になりにくいキシリトールが豊富らしい
 でもバナナなどはかなり食べカスが残ります

・青物野菜全般
 キュウリ、ブロッコリー、小松菜、ホウレンソウ、枝豆、いんげん豆など
 トマトは種の部分が歯間にひっかかり、セロリは食物繊維が多すぎてNG

・その他
 プリン、ゼリー、こんにゃく
 プリンとゼリーは糖度が低く、こんにゃくは殆ど糖質を含まない


今のところこんな感じ。
クッキーや煎餅などは無論ダメだし、パンやお粥も凄まじい食べカスが残ります。
となると、炭水化物は野菜か飲み物から摂るしかないかもですね。

タンパク質と脂質源はヨーグルトか豆乳からがベスト。
ビタミンとミネラルは野菜から。




Copyright(C)Diet-school. All Rights Reserved.